M1951/M65フィッシュテールパーカー

PARKA SHELL M-1951
1951年に採用された先割れ裾(フィッシュテール)のパーカーシェル。
インナーをボタンで留めて装着する。フードは固定式でM65パーカーのように着脱はできない。モッズコートの愛称でも呼ばれる。
220p1

先割れ裾(フィッシュテール)が見える
220p2

ポケットには小さな折り返しがあり、蓋の役割をする。内側のボタンはインナー取り付け用。
220p3

袖先内側にもインナー用の取り付けボタンがある
220p4

腰のドローコードは表に露出しているデザイン。M65パーカーでも同様になっている。
220p5

タロンのジッパー
220p6

フードの内側にスタンプで各インストラクションがある
220p7

220p9

PARKA,SHELL,M-1951
220p91

フードにはサイズ調整用の紐と固定革部品付き
220p92

フードのボタン穴は防寒ファー取り付け用
220p93

パテントデイト1951年3月18日、1951年5月24日製造
Q.M.16184
220p18

M65フィッシュイテールパーカー
M51フィッシュテールパーカーの後継に65年頃に採用されたパーカーコート。M65フィールドジャケットと名称が似ているので紛らわしい。背中の裾が燕尾複のように切れ込みで左右に分かれているのが特徴。M51ではフードが固定だが、M65パーカーでは別パーツの着脱式になっている。ライナーも別で取り付けることが出来る。

シェル(コート本体)のみ
ujparka152

DSA 100-73-C-0368
m65fishtailparka1

洗濯などの使用上の注意ラベル
m65fishtailparka2

ブラスジッパー
m65fishtailparka3

80年度予算品。パーカーとライナー装着状態。
ujparka151

ujparka153

M65フィールドジャケットと同様のコットンナイロン素材のライナー
専用なのでフィールドジャケット用と共用は出来ない。単体で使用するためのボタンも存在しない。M65フィールドジャケット用は前を閉めるボタンが付属する。
ujparka154

本体:PARKA, EXTREM COLD WEATHER
ライナー:LINER, EXTREM COLD WEATHER, PARKA
フード:HOOD, EXTREM COLD WEATHER
ジッパーはブラスで可動基部だけアルミのタイプ
ujparka155

裾のフィッシュテール部分のサイズ調整用のドローコード
腰にも同様のコードがある
ujparka157

ujparka158

ujparka1591

83年度予算品
ujparka161

ポケットが両側にある。貫通式ではない。
ujparka163

M65フィールドジャケットも納品しているSO-SEW STYLES, INC.製
ujparka164

ブラスジッパー
ujparka165