ダッフルバッグ

今で言うディプロイメントバッグ。兵士が戦闘装備以外の日常品、着替えなどをダッフルバッグに詰め込んで任地に向った。半世紀以上同じ基本デザインで使用され続けている。同じ形の民生品も多く売られている。

第二次大戦初期頃のコットンキャンバスダッフルバッグ。ショルダーベルトが1本のタイプ。WW2の1本ショルダーはベトナム戦争頃の1本ショルダーと比べると少し幅が広い。
11dbc-1

すぐに廃止されたファスナー式のサイドポケット付。
11dbc-3

内側底部に紐が縫い込まれている。荷物を固定するのか?
11dbc-4

1944年のCHAMPION CANVAS SUPPLIES INCS製コットンキャンバス地ダッフルバッグ
海軍兵士が使ったことがUSNのスタンプから分かる
186db1

186db5

1944年のスタンプがはっきり残っている
186db6

United States Navy
186db2

この頃は底部に補強のガード生地がない
186db3

186db4

1951年コントラクトの米空軍用ホワイトキャンバス生地ダッフルバッグ
7272nd Air Base Wing, エアフォースのテクニカルサージェントが使用
a11dbc1_enl

このカラータイプは51年前後しか製造されなかったらしい。持ち手がグリーンで本体が白。
a11dbc4_enl

BAG DUFFLE TYPE 1
GEO. S. RUMLEY SHOE MFG. CO. 1951
この会社は第二次世界大戦中にレギンスやバッグなどのコットンキャンバス装備も納品している
a11dbc6_enl

ベトナム戦争中の65-66年頃のコットンキャンバスダッフルバッグ
底部が別生地で頑丈になった
D1602

蓋の金具はいつの時代でもほぼ同じ。
D1605

BAG DUFFLE
DSA-1-6670
D1604

D1603

68年コントラクトのコットンキャンバス1本ショルダータイプ
1581

アメリカ海軍の建設工兵隊”SEA BEES”ロゴ入り
1582

ポケットが無いタイプ
1583

手ブレで見づらいが、コントラクトナンバーはDSA-100-68
1584

70年コントラクトのコットンダッフルバッグ
コットンからナイロンへの過渡期のタイプで、本体がコットンキャンバス生地、ショルダーストラップ2本がナイロンタイプ
186dba1

ショルダーストラップ部品以外は全て旧来のコットンキャンバスでデザインも同じ
186dba2

DSA100-70-
186dba5

186dba4

ベトナム戦争終結前、アメリカ軍撤退後の74年コットンキャンバスダッフルバッグ。ナイロンショルダーストラップタイプが登場してから数年立ってもまだ旧タイプも製造されていたのが分かる。
1601

BAG DUFFLE COTTON DUCK
DSA100-74-C-0581
1602

全ナイロンタイプがこの後に登場する。
1603

1604

契約年度85年のナイロンダッフルバッグ
ショルダーストラップが2本になって背負いやすくなった。
14dbc1

あまり重量がかさむとズルズル緩んでくるバックル。
14dbc2

兵士が自分でつけた名札入れ。払い下げのダッフルバッグに一番よく付いているのは金属ロッカーキ錠。あまりにも多いので、当店には切り落とすための大型チェーンカッターがある。
14dbc3

BAG DUFFLE NYLON TYPE2
DLA100-85-C-4151
14dbc4

80年代中頃のナイロン2本ショルダーダッフルバッグ
DB003-1

DB003-2

底部にペンキが厚く塗られて所属が書かれている。飛行機や船に放り込むと誰の物か分かりづらいためか、底部に塗装してることもしばしばある。底部補強の意味もあるかもしれない。
DB003-5

2003年の度予算番号のナイロンダッフルバッグ
db004-1

db004-3

SPO100-03-D-0345
db004-7

2004年版
DB004-96

DB004-1

2009年のナイロンダッフルバッグ
1-1

SPM1C1-09-D-0014
1-2

実物米軍払い下げでメイドイン韓国タグの付いた海兵隊迷彩のナイロンダッフルバッグ
兵士の私物持ち込み?
db9-1

韓国製のタグが付いている
db9-8