M12ホルスター

M12ホルスター:
BIANCHI(ビアンキ)が開発したM9系用のナイロンホルスター。80年代半ばの米軍正式採用拳銃がガバメントからM9になった頃に同じく採用された。フラップを付け替えることで右利き用と左利き用に1本で対応する。ビアンキはこのホルスター1つで5つのデザインパテントを取得している。

背面のクリップ式金具はLC系のウェブピストルベルトに取り付けるためのクリップ。その両脇の細長い穴はユーティリティベルトに取り付けるためのベルト通し。オプションパーツと組み合わせるとショルダーホルスターやレッグホルスターにもなる

バレルクリーニング用のロッドが前部に収納されている

ベレッタ系装着例

G17も入る(トイガンでは厚みが異なる場合があるので不明)

LC-2ピストルベルト装着例

レッグエクステンダー装着例

UM84Hショルダーハーネス

M12ホルスターの製造元はビアンキ以外にもパテントを取得した他メーカー(CATHEY,WECKWORTH MFG等)製が複数存在する。カラーバリエーションはグリーン、ウッドランド、デザート、グレー(ACU系)。トイガン用海外製のレプリカも多く出回っている。最も有名なホルスターの1つ