キャンティーン

cset19-131_enl

1QTキャンティーン装備の歴史

M1910アルミキャンティーンボトル: 1909年に採用されたアルミボトル。つなぎ目のない一体成形タイプと上下半分で溶接タイプ、前後半分で溶接タイプがある。初期はキャップもアルミ製。第二次大戦中に航空機部材等に優先された … 続きを読む
Hydration9-1_enl

ハイドレーションバック

ハイドレーションパック: 元々はアウトドア用品メーカーのキャメルバッグが自転車競技用に開発した水嚢バックパック。容量3リットル。ゴム製の水嚢とそれを入れるキャリングパックで構成。バックパックに収納して使うか、単体でキャリ … 続きを読む