戦艦アイオワ博物館 USS IOWA BB-61

第二次世界大戦中に就航した戦艦。現在はロサンゼルス近郊のサンペドロで博物館として公開されている。
1IMG_7940

朝鮮戦争後の50年代後半に2度目の退役となったが、80年代半ばに近代化改修を受けて3度目の就役を果たした。
2IMG_7950

第二次世界大戦中は日本への本土攻撃に参加して砲撃を行った。
3IMG_7933

全長270メートル、船底からの高さ63メートル。パンフレットによるとスクリュー1個だけでも20トンある。
3IMG_7949

4IMG_7810

5インチ砲を12門備える。
4IMG_7820

4IMG_7831

16インチ主砲
5

主砲の測距儀
6IMG_7803

対岸はコンテナクレーンが立ち並ぶ港。ロングビーチの港とつながっている。
7IMG_7796

8IMG_7805

窓が並んでいる部分がブリッジ。
8IMG_7807

艦長のイス?
9IMG_7829

9IMG_7833

9IMG_7838

9IMG_7839

9IMG_7840

ブリッジの内側にある’Armored Conning Tower’と呼ばれる防弾指揮所。分厚い鋼鉄の円錐に守られている。
9IMG_7844

ブリッジから望む眺め。高さはあまりない。一番高いところにある火器管制塔には上がれない。
9IMG_7854

10IMG_7819

11IMG_7816

ファランクス。対艦ミサイルを迎撃する対空防御バルカン。
12IMG_7851

主甲板の表面は木製。
13IMG_7824

14IMG_7855

14IMG_7856

ベテランの解説を聞く少年海兵隊
14IMG_7863

15IMG_7867

狭い急階段が多く移動は大変。
16IMG_7869

ミサイルやバルカン砲は80年代の近代化改修で追加された武装。
18IMG_7875

巡航ミサイルトマホークの発射台と近代装備の管制塔
18IMG_7884

19IMG_7877

対艦ミサイルハープーンの発射装置(チューブはたぶん再現レプリカ)。ミサイルの燃料漏れを発見したら直ちに電源を切って水で洗い流す等々という注意書きがある。
20IMG_7880

21IMG_7885

22IMG_7893

23IMG_7891

24IMG_7920

25IMG_7921

26IMG_7923

主砲弾と発射に必要な火薬
27IMG_7926

食堂エリアは観光客用に改装されている。
28IMG_7903

28IMG_7918

ライフの表紙で有名なタイムズスクエアの『勝利のキス』
30iowa9